液晶割れのお客様

パソコンが起動しないので、診断してくださいと

ご依頼がありました。

 

拝見してみると、はず液晶が割れていました。

しかもWindowsが立ち上がりません。

 


パソコン自体は性能がよいのですが、液晶パネル交換と、OSの復旧が必要な修理で、

もしかしたらハードディスクも交換しなければ使えません。

 

修理金額が少し高額になるので、今回は修理はやめたほうがいいと

アドバイスを行って、今回は廃棄されることになりました。

 

修理したほうがいいのか、買い替えたほうが良いのか、

廃棄してパソコンを使用しない選択をするか。

 

よいアドバイスが常にできるよう心がけます。

 

文字ハゲ改善。キーボードの交換(Lenovo G580)

修理ではありませんが、パソコンを販売する機会がありました。

中古の整備品です。

清掃中に気がついたのですが、キーボードの文字が消えていました。

 


KとM、Nキーの文字が消えています。

これは使用して消えた文字ハゲの症状です。

このまま販売するわけにはいきません。

新品に交換することにしました。

 

 


愛用しているピザカッターでメリメリと剥がして、文字が消えているキーボードを

外します。

 

 


ピカピカ~のピカ!ですね。

ハードディスクの劣化もないし、長持ちしそうです。

 

USBを折ってしまったお客様

お店の近くのお客様がご来店くださいました。

USBを折ってしまって・・とのこと。

 


強く押し付けたらしく、完全に折れています。

折れてはいますが、この程度なら復旧は可能です。

当日中に復旧してデータを別のUSBに保存してお渡しできました。

 

USB破損の事故は「パソコンに挿しっぱなしはやめる」事が一番

安全だと思われます。

メーカーさんもいい加減折れない形状のUSBメモリを作成すれば

いいのにと思います。

コルク抜きのようなT型で左右固定される仕様なら安全だと

思うのです。

横のUSB差口を防いでしまったり、PCによっては差し込めず使えないなど

デメリットはあると思いますが、

需要はあると思います。

 

 

 

 

 

液晶画面に線が入るお客様(A573G)

液晶にキズなのか汚れなのか分からないけど

線が入っているとお困りのお客様からご依頼がありました。

 

拝見してみると、確かに線が入っているようです。

 


拡大してみました。

ドット抜けでしょうか?たしかに珍しい症状です。

色を変えて検証してみましょう。

 

 


白に変えてみましたけど、あんまり。

どっちにせよ、この症状は「パネル」不良です。

液晶の画面だけがおかしいので、パネルを交換すれば

データも環境もそのままの状態で直ります。

もちろん初期化する必要もありません。

※メーカーさんはこういう症状でもデータ消去して工場出荷状態に

戻します(トラブル防止のため)

 

部品を取り寄せて組み替えてみました。

 


実はこの機種、液晶がもろく、この症状のトラブルは過去数件あります。

おそらく、ノートを閉めたときにキーボードに圧迫されて液晶が壊れるんじゃないかなと

思っています。

富士通さん、A573Gはこの症状とても多いので改善お願いします!

2211-Memory not configured~で止まる症状

HPのデスクトップをご利用のお客様から

パソコンが届きました。

メモリを増設(交換)したら起動しなくなったとのことです。

 


電源を入れてみると、エラーメッセージがでます。

「F1」キーを押して進めていくとWindowsは

起動できるようです。

メモリのサイズが記憶している容量と違うよ!という

エラーは多いのですが、今回は異なるようです。

 

いろいろ調べてみるとメモリを1から差し込んでいないため

エラーが発生している様子。


メモリは通常DIMM1-3や2-4の順に差し込むのですが

2-4だとエラーで引っかかるようです。

コンピューターらしく0(1)から差しなさいという

事のようです。

 

メモリをDIMM1スロットと3スロットに刺し直したら

エラー表示が消えました。

 

メモリトラブルは相性問題で過去散々痛い目にあって

泣かされてきたので、なんか懐かしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

東芝 TX66/LBL 異音がする故障

パソコンから変な音がするので診てほしいと依頼がありました。

 



確かに変な音がします。

これは冷却ファンの故障です。

ところが、動作中に音がしなくなり、無音になりました。

これは完全に回転がストップしている症状です。

 

パソコンの画面を見ると、エラー画面が表示されています。

 


十分な性能が得られないと表示されていますが、このまま使用すると

熱暴走で壊れてしまいます。

 

修理方法は冷却ファンの交換です。

分解してみました。

 


この冷却ファンを交換すれば異音が消え正常動作に戻りますが、

5-6年使っていらっしゃるので、ホコリも詰まっているはずです。

確認します。

 

 


やっぱり!ほこりが溜まっていました。

きれいに取り出して、エアーを吹き付け、冷却ファンを交換して

修理完了です。

 


5-6年使っているとパソコン内部はホコリがどうしても溜まります。

ファンなどの部品交換もですが、ホコリにも気を使いましょう。

 

 

 

 

AC差込み口が壊れたパソコン

昔ならラジオや電源ケーブル

今ならスマホの充電ケーブルなど

接触が悪いけど、下に引っ張ると通電(充電)できるって

みなさん経験あると思います。

パソコンも同じです。

ですが、無理して通電させているので、

接触が悪いまま使い続けると、内部が焼ききれてしまいます。


外装が開くほど力を入れて下に下げて利用していたお客様。

だましだまし使っているにもほどがある(笑)ですね。

ちょっと強引過ぎます。

半田などで修復できる修理も無理して使い続けると基板交換しなくてはいけなくなります。

 


このお客さまのACアダプターの差込ソケット口。

力入れすぎ。

 

完全に焼ききれていたので、基板交換になりました。

こういう使い方をするのは20-30代の男子がほとんどです。

奥様チェックで防げると思います。

一度確認してみるといいかもです。

 

 

 

 

 

キーボード不良のお客様

キーボードのキーが外れてしまって

困っている。

テープでとりあえず貼り付けているが、もうダメだ!

と、お困りのお客様からご連絡がありました。

 


 

キーボードのキーだけ、1個だけ交換修理。というのは難しいです。

なぜならば、パソコンの種類の数だけキーボードの数があり、

その1個だけを販売するというのは現実的ではないからです。

 

ですので、キーボードのキーの修理の場合は、キーボードユニットを

まるごと交換という事になります。

※Macの場合はパームレストもセットの場合が多い。

 

今回は分解が少し難しいDellのノートPCですが、

トラブルもなく、無事交換完了です。

 

ワープロ修理、液晶不良

画面が真っ黒になったとお困りのお客様から

ご連絡がありました。

 

北九州からお電話を頂いていたので、

ヤマト運輸さんのパソコン宅急便で

送っていただくことになりました。

 

 


届いた商品を診断してみると、たしかに画面の表示がおかしいです。

何度も直してきた症状です。

 

ワープロの修理で一番多いのは、このような「液晶不良」です。

2017年8月現在、液晶の部品交換はまだ可能です。

今回は液晶を交換後、フロッピーと印刷機能をチェック後、

内部清掃を行って修理完了です。

 

 

画面の表示不良のトラブル

画面が乱れるとお困りのお客様からご依頼がありました。

関東のお客様ですが、熊本にご両親がいらっしゃるようで、

うちのお店をなにかとご贔屓にしてくださるお客様です。

 

届いた商品を診断してみると、

画面表示が確かに異常です。

 


通常だと、起動画面が出ているのですが、ご覧の通り、真っ黒な画面に白い模様画面しか映りません。

 

強制終了後、もう一度起動してみましょう。

 


 

今度はまた違った感じで画面が崩れています。

私が写り込んでいます。

 

これは液晶パネルが悪いというわけではなく、

画面を表示するビデオ機能(GPUチップ)の故障が原因です。

 


最後にもう一度起動してみました。

 

この故障はハンダ割れが原因で、ヒートガンで温めて(というか高熱で加熱)させる修理になります。

 

このほかに、GPUを一度取り出す修理方法もありますが、

修理費用や、納期などを考えた場合、

GPU取り出しまでは行わず、ハンダを溶かして断線を解消させる修理で済ませることがほとんどです。